top of page
検索
  • わたなべ中央整骨院

健康のためにやっているのに、なぜ痛くなる⁉︎




〜駐車場完備〜 真駒内や川沿、西岡からもご来院できます。



ウォーキングを健康のためにやっているけど、段々と膝や腰などが痛くなってきた…


歪んでいる身体は、

①関節がぜれているため不安定になっている。

②靭帯や軟骨への負担が増悪してしまう。

③筋肉の柔軟性が低下してしまう。 など、


このような状態でウォーキングや運動などを行なっていると、関節や筋肉へのストレスが強くなり徐々に身体の内部は傷めており、原因がわからないのに突然痛くなってきます。

身体が歪んでいる状態では、自然と歩き方や身体の動かし方が変わってしまい、逆効果になっていることがあります。


まずは身体の歪みを改善させ体幹のバランスを整え直すことで、関節や筋肉の負担を減らすことが必要です。

身体が整った状態でウォーキングや運動をすると効果大です!


当院では、ご自身でできるゆがみ改善の運動や歩き方のポイントなどのアドバイスも行なっています。

Comments


bottom of page